26, 2013 March

3.24 フリーライブの報告

今回はトムが書きますよ。

ブログ・ツイッター・口頭で告知していましたが
24日、日曜の昼下がり。
フリーライブがありました。

「寒椿」のヨシノくん主催で、
「twotone」のツバサさん、畑 幹人(はた みきひと)くんと
合わせて3人の弾き語りが聴けました。


午後3時、トップバッター、いや
トップシンガーは幹人くん。

1364106310193.jpg


いきなり圧倒されました。
あ、この「いきなり」は強調の意味ではありません。
僕は東北出身ではないのです。

20歳とは思えない堂々としたMCで場の雰囲気も和ませつつ、
自分で書いた曲を披露してくれました。

他にもあるんだろうけど、
その日聴いた中では、僕は「黒い猫」が好きでした。

”あなたは僕の知らないところで
 僕の知らない名前で呼ばれているんだろう”
という意味の歌詞に、鳥肌が立ちました。

とてもよかったです。
ありがとう。

1364106281809.jpg



日が傾くにつれ、
お客さんもさらに増えてきました。

そして、ツバサさん。

1364110193584.jpg


この春で仙台を離れるということで、
これまで仙台で歌ってきたカバーを。

1曲め、スキマスイッチの「奏」はタイムリーで、
僕も好きな歌手で、はじめからのっていけました。

途中には普段のデュオ「twotone」(ツートン、と読むのか
ツートーン、と読むのか忘れてしまいましたが)の「相方」さんと。
ここにはヨシノくんも助っ人で。

1364109425723.jpg


(写真はあまり鮮明にしすぎないほうがいいかと思って
 わざとちょっと暗い、撮ったそのままを使っています・・・)


僕は、最後から2番めの
「THE YELLOW MONKEY」のカバーがズンときました。
初めて聴いた曲で、タイトルも忘れてしまいましたが
アコギにストラップをつけて、立って、
まさしく「かき鳴らす」という表現がぴったりで。
よかった〜。

ありがとうございました。


3時から始まり、もう随分
店内の光や色あいが動いています。
その変化も楽しみつつ。

ほとんど満席になっているところで
トリは、ヨシノ。

CAM00159.jpg


先ほどから敬称を略していますが
彼と僕は同い年なのです。
シノはもともとアレットのお客さんでもあるので、
友だちなのです。
・・・友だちと言っていいんでしょうか。いいよね。
いつもありがとうございます。

僕は彼の生歌を聴くのが初めてでした。

いーぎなりびっくり。
(この「いきなり」は強調)

普段の彼からは想像がつかない、
なんというか、
・・・ポップスロックな。
それでいて、若干のファンクが。

僕は素人なので詳しいことは分かりませんが、
技術も高いし
「あとを引く」ような歌声で。
メロディと詞と声の融合も、
商品として評価されるに耐えうる完成度。

ちょっと贔屓目でしょうか?
そんなことはないと思います。

前の二人と比べて、というわけではありませんが
本当によかった。

こちらは、途中
なんとヨシノの「お姉さん」が登場。
(写真はいちおう、控えます ←ここだけ)
昔2人で歌っていたそうで。
何年ぶり、「一夕」限りの再結成。

僕も姉がおりますが、
こんなことはできないなあと羨みました。

ヨシノくんの歌では、中盤にあった
「ウィンド」(表記は「Wind」?)が気に入りました。
バンド・寒椿の曲らしいです。
体を揺らし、足でリズムを刻みながら聴いてしまいました。

ありがとう。

トランクバッグで持ち込んでいた
yoshinoのソロCDも買いました。

CAM00162.jpg


ウィンドが入っていなかったのだけ、残念だけれど
最近買ったちょっといいコンポで、
部屋に彼の声と演奏を満たしています。


・・・
以上、ライブのご報告でした。
ダイジェストのつもりが長くなりまして。
すみません。

そんな素敵なライブもときどき開催されるアレット。
動き回れなかったので写真が定点観測気味ですが、
空気感が伝わればと。

特有の時間と空間を楽しみに、またどうぞ。

ライブ後は、ヨシノとツバサさんが
ご友人と一緒にソファ席でまったり、ごはん&お茶していかれました。
幹人くんもまた来ますと言ってくれました。
ぜひ、チーズケーキを食べにね。

CAM00132.jpg

ではでは、
お三方、本当にありがとうございました〜!

TOM